ゆびわについて考えること

少し前、テレビのサスペンスだったか、犯人が女性の指輪をひとつひとつコレクションしていた場面がありました。

「殺人現場からは女性の指輪がなくなっていた」という設定だったと思います。

また、指輪の時代にはいったのか、「猫のしっぽ・カエルの手」のベニシアさんも指輪をしているみたいです。

女性は年齢を重ねるごとに、装飾品も似合ってきますが、指輪は日常的に指にして眺めるというよりも、この頃は自分を守ってくれる武器のようなもので、それが硬ければ硬いほどなにかあったときにも抵抗力が大きいと思ってきました。

指輪は金属でも少し尖った感じで大きめのものを選ぶようにすると、「素手とは違い武器になるかな」なんて。

女性は自分をまもらないといけないので、オシャレとしてつけるつけ爪などそのひとつかもしれません。

ほんとうの女性の武器とはそのようなものだろうなんて今さらながら思ってしまいます。

そういえば、指輪の起源なんて外国からはじまったものだろうけれど、日本ではいったいいつ頃からしているんでしょうね。